夏休みの宿題ARTに挑戦

ちょっと早いですが、夏休みのお子様向けの「宿題ART」の企画をすすめています。

富士見市夏休みの宿題


今回は子供向けで進めていますが、大人用のインテリアアートもお願いしようと思っています。
コラージュを用いて、本当の自分の好みやらしさを見つけるという手法なのですが、アート作品もできて、自分も見つめなおせて、お得だなーと思います。とにかく自分を知るってことは大切で、好みがわかれば「何でこんなもの買っちゃった?」なんてことが減らせるはず。

アートと自分らしさ。。。芸術療法という位置づけになるそうです。

コラージュ療法(芸術療法)
作品を夢中になって作るコラージュ療法は、疲れた心を癒したり、予防するといった点が認知症、精神病、登校拒否、自閉症などにも効果があります。
コラージュをご指導くださる金森先生は、医療センターや大学、子供向けのワークショップなどを実施。現代アートの分野で多くの賞を受賞され、個展等も積極的に開催されています。




講師紹介

金森 昭憲 / Akinori kanamori

[コメント]
アクリル絵具を使った絵画や、コラージュを用いた作品を発表している。画面上で表現されている輝き(色彩)は、自然光(太陽)の輝きではなく、ネオンサインやLEDなどの発光色からイメージされた輝きである。強い色彩や明確な形を用いて存在感のある作品を追求している。

多摩美術大学大学院美術研究科修了 
現在 日本美術家連盟会員 サロン・ブラン美術協会委員 TACネットワーク会員 
日本芸術療法学会会員
[個展]
平成7年9月  フタバ画廊 (東京)
平成8年10月 オレゴンムーンギャラリー (東京)
平成9年10月 フタバ画廊 (東京)
平成13年2月 魅惑のコラージュ展 テプコプラザ田無 (東京)
平成22年3月 ゆとろぎ美術館  羽村市生涯学習センターゆとろぎ (東京)
平成23年2月 ギャラリー巷房2・階段下 (東京)
平成29年2月 アートスペース (東京)
[グループ展]
平成17年8月「The Rainbow of the East」日・露・韓交流美術展 The Art galleries of Vladivostok (ロシア)
平成19年8月「ピョンテク国際アートフェスティバル」平澤湖芸術館 (韓国)
平成19年9月「第16回アルメニア国際アートフェスティバル」アルメニア現代芸術博物館他 (アルメニア共和国)
平成19年「07シドニーインターナショナルアートフェスティバル」KARA’S ART GALLERY (オーストラリア)
平成19年「第7回草枕美術展」草枕交流館(熊本)
平成20年9月「2008 中国・韓国・日本 国際交流展 北京市 視覚芸術館(中国)
平成21年6月「花の輝き 世界に一つだけ」東邦アート(東京)、丸栄ギャラリーエスパス(愛知)、たづアート(京都)
平成21年11月「Japan art early Christmas in New York」hpgrp GALLERY(アメリカ)
平成21年12月「2009年ソウル韓日現代美術展 現代の新しい地平-韓日の虹-」ギャラリータブロー(韓国)
平成25年10月「第11回釜山国際環境芸術祭2013」乙淑島文化会館(韓国)
平成25年4月「2014日仏現代国際美術展」東京都美術館 以後毎年出品 (東京)
平成26年10月「サロン・ブラン ドイツ展」ウイヘルム・ケンプ・ハウス (ドイツ)
平成27年1月「アートコスモス・プロムナード展」新宿駅西口プロムナードギャラリー (東京)
平成27年7月「中韓日交流アート・コスモス展」福岡アジア美術館 企画ギャラリーB (福岡) 
[受賞歴]
平成19年「第7回草枕美術展」優秀賞 受賞
平成26年「2014日仏現代国際美術展」「SBA賞」受賞
     「2014日仏現代国際美術展」「会員優秀賞」受賞
平成28年「2016日仏現代国際美術展」「委員優秀賞」受賞
   「東久邇宮文化褒賞」受賞




家を建てようかな・・・?と思ったら、Kon Kon Parkで三年以内に家を建てる(つもり!)宣言をしましょう

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

Kon Kon Parkはみんなの家

自分らしさを見つける場所 

もしもKon Kon Parkに、気に入らない設備があったら、 それはあなたが住まいづくりをする時に必要ないことがわかりますね。

家を建てることが決まってから住宅展示場に行ったのでは 「この家が正解でしょ!」という顔をした建物がいっぱいで圧倒されてしまいます。

だから、その前に!

Kon Kon Parkで、あなたの「今の家」に対する眼差しを(br) 「レベルアップ」させてから、展示場に行きましょう。